Category Archive:販売店で注意すること

中古バイクでよく言われるクセについて、どの程度を考慮して購入すれば良いのでしょうか。

中古バイクのクセの有り様についてお話ししておきましょう。

■クラッチ、エンジンにも前オーナーのクセが残留。

二輪にも四輪にも、前オーナーのクセというのは多少なりとも残っています。

中古バイクの専門店に行くと、だいたい店の人が説明してくれますが、それを良く聞いてから購入を決めたほうがいいでしょう。

とくに免許取り立て、初めて自分のバイクを買う人は気をつけてください。

クラッチはもちろんですが、エンジン全開、フルスロットルで発進するのが好きな持ち主だったり、エンジンを高回転のままで走行するのが好きだったり人、逆に低回転・高ギアで走行するのが好きなオーナーもいます。

■ノーマルな新車か、クセを無視した中古バイクか。

初心者の場合、そのようなクセのついた中古バイクを購入するのではなく、あくまでもノーマルな状態のバイク=新車を買うのが理想的ですが、そうすると今度はキズをつけるのがイヤで、走行自体が臆病になり事故やトラブルを起こすケースが増えます、中古バイクのいい点はそのようなストレスがなくなることで、俗に言う立ちゴケなどの恥ずかしいことも起きにくくなります。

開き直れるなら新車でもOK。

乗り慣れ状態をつくりたいならクセに目をつぶって中古バイク。

どちらをとるかです。

■中古バイクにも比較的新しい、クセのないバイクがあります。

お目当てや希望がないなら“中古バイクでクセのないもの”を優先しましょう。

マニアには怒られそうですが、バイクなど何に乗っても同じと割り切れるなら、中古バイク・新古品で、素行距離の少ないクセのないものを最優先しましょう。

中古バイクにも進級のレベルが幅広くあるので、考え方から整理し絞り込んでいくのがベストです。

「交渉して目当ての中古バイクを少しでも安く」と考える人がいるようですが、そのような下心は逆効果になるほうが多いです。

その理由と正攻法をお話ししておきましょう。

■目当ての中古バイクに対する思い入れが大事。

値切るとかネゴシエーションとか、そのようなことを考えて最初から中古バイクのショップに行ったら、オーナーやスタッフから嫌われるのがオチです。

もっと言うなら“もっとも嫌われるタイプ”、職人肌の強い中古バイク店の店主なら出禁を言い渡されても仕方ありません。

回答者である私が質問者の立場なら、正直にお目当ての中古バイクを探していることを言い、そのバイクに惚れ込んでいる理由を語ります。

■ヘタなネゴシを仕掛けてくる客より実直な客。

バイクに対する情熱は、おそらく客よりもバイク販売店のオーナーのほうが数段上です。

まして中古バイク専門店の店主ともなれば、傷んだバイクに新しい命を吹き込むことに人一倍の情熱を注いでいるはずです。

こそくな手段で近づく客より、実直な客、中古バイクに愛情を注いでくれる客にオーナーも親近感をもつでしょう。

ネゴシは必要なし。

正直に依頼すればそれで済みます。

■中古バイクをチェックするポイントやコツですが、近場のリアル店舗に行って購入するなら、細かなヒアリングも必要ありません。

中古バイク専門店などで売られているバイクは、何も言わなくてもオーナーのほうからバイクの経歴や修理状況・箇所、ちょっとしたクセなどを教えてくれます。

とくにレストア車なら高額、事故車なら格安と相場が決まっているので間違いなく教えてくれます。

万一購入後に故障してもスムーズに対応してくれます。

中古バイクはリーズナブルな価格で、しかも既に製造されていないレアな車種を見つけられるかもしれない。

そんな期待もあり、最新のバイクだけではなく、あらゆる年代の取り揃った豊富な種類の中から自分に合ったバイクを選べるとあって、今バイク市場でもかなり人気があります。

(さらに…)