中古バイクの情報・市場は、マニアなどからの引き合いもあってかなり盛り上がっています。

どこまでを信用すべきか、代表的な注意事項をお話ししておきましょう。

■ネットや雑誌は参考レベルの資料とする。

新車バイクでも中古バイクでも、購入しようと思ったらネットや専門誌で探し出して車種・メーカーを決めるものです。

このときに参考にする中古バイクのランキングですが、注意したい点があります。

まずランキングは参考までに留めておいて、後は実際に自分の目で確かめに行くこと。

価格は別にして、それができない中古バイクは、年代物の希少なバイクだとしても即断即決で購入してはいけません。

■レストアや希少性の意味を知っておくこと。

たとえばごく一部の悪質な中古バイク店などは、レストア車といいながら事故車と同等のバイクを売っている場合があります。

レストアには定義があって通常はスクラップ同然の事故車は含みません。

解体しつつ使用可能な部品のみを取り外して販売します。

ひどい事故車をレストアした場合、購入しても事故続きで乗り物にならないケースがあります。

■中古バイクを購入する際は、できれば自宅や職場から近距離にある販売店が理想的。

顔なじみになれば、いい中古バイクを譲ってくれます。

客もバイク店の善し悪しを値踏みしますが、店側も客の足下を値踏みしています。

一元客にはそれなりの対応を。

親しみのある常連客には特別な情報や真に希少な中古バイクを譲ってくれるものです。

“近場で顔なじみ”が、いい中古バイクを購入する秘訣です。

Comments are closed.