バイク免許を取得したばかりの人には、とくに中古バイクを薦められることが多くなりました。

立ちゴケやコスリの増加も関係しているそうです。

お話しておきましましょう。

■油断したときに起こしやすい立ちゴケ。

立ちゴケとはバイクの初心者やそうでないベテランでも起こしやすい事故、トラブルです。

たとえば信号待ちをしていたり、駐輪場に停めようとしているときに、バイクを傾けすぎたりうっかりバランスをくずしてしまったりして、走行中でないのにコケてしまうことです。

恥ずかしいですが、寝不足、体調不良、油断・安心など、ちょっとした隙に起きるので要注意です。

■運が悪ければ骨折などの大けがも。

立ちゴケを軽くみている人もいますが、信号待ちや右左折時にやらかすと後続車に頭部や身体をひかれることがあります。

駐輪時には、隣に停車していた四輪車や二輪車を傷つけたり巻き込んだりして弁済金・修理費の支払が生じます。

バイクに乗っていた本人も、運が悪ければ自分のバイクの下敷きになって骨折することがあります。

そのようなことが日常的に起きてしまうので、最初は新車ではなく中古バイクでという話になったのだと思います。

■中古バイクで道に慣れ、乗ることにも慣れることは、自分だけでなく周囲を守ることにも直結します。

回答者の私も中古バイクをおすすめします。

せっかくの免許取得で初乗りが中古バイクというのはイヤでしょうが、もっとイヤなのは買ったばかりの新車バイクで立ちゴケをして、隣のバイクを傷つけてしまうことです。

恥ずかしながら回答者の私がソレ。

弁済金(和解金)と修理費を払い、自分の新車もキズもの~。

散々です。

Comments are closed.