Closed

中古バイクを購入する時に、値切り交渉というのはしていいものなのでしょうか?

車などでは多少の値切り交渉などあるのですが、中古バイクの場合はどうでしょう。

結論からいえば、中古バイクの購入でも値切り交渉はすることができます。

ただし、販売店によっては現金での値引きではなく、部品交換などでサービスを提供するというお店もあるので、必ずしも値引きが叶うという訳ではありません。

現金での値引きをするか、部品の交換をしてもらうかという選択肢がある場合、そのバイクを購入後、その部品を交換する予定があるかどうかということを考えてみましょう。

もしその部品を交換する予定があるのならば、部品交換をしても良いと思います。

部品交換の場合、部品代だけではなく交換する工賃もかかってきますので、現金の値引きとどっちがお得か?ということはしっかり比較しましょう。

そして大事なことなのですが、値引き交渉を真剣にするという場合、その段階で購入するという意思が固まっていることが前提です。

大して購入する気もないのに、値引き交渉だけするのはマナー違反です。

販売店のスタッフも、ぜひ買ってほしい、でもここまでしか値引きができないという様なぎりぎりの選択をすることもあります。

しかし、それはあくまでそのお客様に買ってほしいと思うからしているので、価格交渉だけをしつこくして買わないという行為は止めましょう。

あまりにしつこい値引きで交渉が成立した場合、優良店でなければ、値引き分だけメンテナンスの費用を抑えるなんて可能性もあります。

良識の範囲を超える値引きはするべきではありませんね。

Comments are closed.